響屋

Vol.107『本物の木の家』完成見学会in宇都宮市

Vol.107 『本物の木の家』完成見学会in宇都宮市

開催日時 2021年 4月24(土)25(日)

10:00~16:00

開催場所 宇都宮市中岡本町

延べ床面積約33坪の平屋建て。

子育て世代 家族3人の平屋の住まいです。

「奥様の仕事部屋」

「栗無垢材のオーダー家具キッチン」

「タイル張りの玄関ホール」

「和室:本物の琉球畳採用」

勾配天井がダイナミックなリビングダイニングは梁組みが力強く支えます。

無垢の木と漆喰で室内の空気は清々しく快適です。

永く暮らせる良質素材の家は、次世代の環境まで考えた未来型の家づくりです。

【究極の断熱材セルロースファイバー採用】

・すき間なく高密度で充填する為優れた断熱性能を発揮します。

・高い調湿性能で、室内の湿気を吸収し夏涼しく快適です。

・ホウ酸を含有させている為、防虫効果に優れ燃えない素材です。

・高い吸音性能で外部の騒音を遮音します。

 

もちろん、合板・ベニヤ・ビニールクロスを一切使わず

無垢の木と漆喰で出来た『チルチンびと仕様』の家。

コロナ対策に伴い予約制でのご案内となります。

お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

【主な仕様】

・構造材:SGEC『森林認証材』鹿沼市上粕尾産

・外壁材:りしん掻き落し左官仕上げ

・断熱材:セルロースファイバー断熱

・床板材:杉無垢(赤身)20+20mm

・内壁材:鹿沼土入り漆喰『悠久楽土』自然素材100%

・オーダー無垢家具キッチン(栗面材・引出し桧無垢)

 

【チルチンびと仕様の家とは】

1、       木材は全て国産材を利用(栃木県粟野産)

2、       52の有害化学物質を測定実証

3、       住い手のみならず係わる職人の健康も配慮した資材を採用

4、       廃棄時に極力環境負荷とならない素材を採用